◆ビスマス(BISMUTH)について

ビスマスは和名が蒼鉛という銀白色の柔らかい金属です。

ビスマスを溶かして再結晶化させると、骸晶という結晶の稜(結晶の面と面が接する角の部分)が急速に成長して面の部分がくぼんでしまった形状の結晶になる事があります。

再結晶化直後冷却する際に、結晶の表面には空気中の酸素と反応して酸化膜が出来ます。
人工的に作られた結晶の色は、表面に出来た酸化膜が光と干渉する事による構造色でして、決して塗料や着色料等で色付けしたものではありません。

時間や温度等の結晶が成長する様々な条件により、完成する結晶の形状・色はその都度違います。

同じ結晶は二度と作る事は出来ない為、一点物の作品となります。

ビスマスの性質と偶然による造形美をお楽しみください。

WELINA -ウェリナ-

鉱物結晶 > ビスマス鉱石